2020 年 3 月 20 日 人類 滅亡。 【マヤ暦】2020年3月20日人類滅亡!?ベテルギウスの爆発との関連は…

【人類滅亡】2020年3月20日、マヤ暦のカレンダーでこの世の終わりと予言

3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月 3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月

♨ ことの発端は、「2012年人類滅亡」で話題になった「マヤ暦の終末説」にある。

5

「2020年3月20日に世界のゲートが閉まる」世界終了が濃厚に! 業界騒然…次元上昇アセンションで人類滅亡へ!

3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月 3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月

🙄 元々2012年だったけど計算の仕方が間違っていて実は2020でしたっていうなんじゃそりゃな話だけど。 2020年3月20日に人類滅亡するの? 最初は、2012年12月21日と言っていたけど計算し直して、明日が本当の人類滅亡の日になったようですけど。 276• 1日1投稿で、100日後までカウントダウンしていく• ですがこれだけの距離離れていても直接ダメージを与えてくる超新星爆発以上にヤバイ現象が存在しています。

17

「2020年3月20日人類滅亡説」ってマジで言ってんすか?

3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月 3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月

😜 1984年にユネスコ世界遺産に登録されています。

8

【朗報】2020年3月20日人類滅亡の予言は嘘?コロナウイルスとマヤ暦は関係ある?|ちのさんブログ

3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月 3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月

🤑 結論: ワニは死んでもみんなは死なないので安心して!. ですがそれはあくまで 宇宙スケールであって、近いといっても今後数万~数十万年以内のどこかで起こるかな~程度です。 1633• いまから100年生きられたとしても、3000年まではさすがに生きていられません。 100日後に死ぬワニのワニくんはとても可愛くて、人気も出ているので、ワニくんがどうなるかも気になるところです。

10

【解説】3月20日人類滅亡説は嘘?べテルギウス爆発と「100日後に死ぬワニ」の日との関係は?|KININARU JORNAL

3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月 3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月

😋 スポンサーリンク. 超新星爆発が起こるとその星の中心部では巨大な圧縮が起き、超高密度天体である 中性子星や ブラックホールといった天体が残ると考えられています。 実は2020年3月20日は「2020年に人類が滅亡する」というインドのスーリヤ寺院の予言まであります。

10

3月20日はマヤ歴とインド歴で人類滅亡の日?100日後に死ぬワニの日!

3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月 3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月

☏ そして超新星爆発前には大量の ニュートリノという物質が地球から観測されるそうですが、そういったものも今のところ観測されていません。

2020年3月20日は人類滅亡の日!マヤ暦とインド暦が予言していた最後のシナリオとは?

3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月 3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月

🙄 995• 111• 2020年3月20日人類滅亡の予言は嘘? 実は、人類滅亡と言われた日は、過去にも何度かあります。 102• 2019年10月から急激に暗くなり、 超新星爆発が危惧されていたが、しばらく爆発の恐れはなさそうだ。 かつてオーストラリアのクイーンズランド大学のブラッドカーター博士は、もしもペテルギウスで爆発が起これば、 地球を明るく照らすもうひとつの太陽が形成されという可能性を示唆し話題になりました。

13

【マヤ暦】フランスの科学ジャーナリストである『モーリス・シャトラン』氏がマヤ暦が指し示す滅亡の時は2020年3月20日と予測!過去に何度も外しているマヤ暦の人類滅亡だが、今度こそ当たる!?

3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月 3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月

👍 インドとマヤの2つの説を照らし合わせ、超新星爆発を起こす日こそが 「3月20日なんじゃないか!?」という予言が爆誕したのです。 避けられない運命と、何気ない日常を描いている•。 2評価中 ponnyan 元々、マヤ暦では2012年12月21日が終わりの日と予想されていたのですが、フランスの科学者が日付の計算が違うのではないかと再度日付の計算をしました。

8

2020年3月20日人類滅亡説|神代ネム☮note毎日更新🍰|note

3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月 3 20 日 年 人類 滅亡 2020 月

❤️ 実際には、2012年12月21日の後は新たなサイクルとしてのスタートであり、終了を意味したものではなかったということでした。 3月20日のピンポイントで、ベテルギウスの爆発が起こるかは不明です。

2