Question: 朝の病気の鍼治療はどのくらいの頻度で必要ですか?

Contents

最初の学期:妊娠の12週目までの毎週の鍼治療。鍼治療は、流産を防止し、吐き気、嘔吐を管理し、エネルギーを増やし、便秘を防止し、不安を軽減し、睡眠を助けます。 2番目の学期:個々のニーズに応じて2~4週間ごとに午前2~4週間ごとに朝の病気のために急速に仕事をしていますか?

Write us

Find us at the office

Dowler- Fausnaught street no. 85, 71012 Minsk, Belarus

Give us a ring

Gaelan Chayrez
+27 253 598 104
Mon - Fri, 8:00-22:00

Tell us about you