天使 の ささやき スリー ディグリーズ。 天使のささやき (スリー・ディグリーズの曲)

スリー・ディグリーズ THREE DEGREES 名曲 人気曲 おすすめ マイフェイバリット・チューン

の ささやき スリー ディグリーズ 天使 の ささやき スリー ディグリーズ 天使

🤞 外部リンク [ ]• 最盛期を迎えた時のメンバーはフェイエット・ピンクニー、シーラ・ファーガソン、ヴァレリー・ホリデイで、のシングル「」を吹き込んだのも彼女たちであった。 本国アメリカよりイギリスや日本で1970年代高い評価を得ていたスリー・ディグリーズは1974年の『』にて本作で金賞を受賞し、同年日本で「来日記念盤」のシングル(規格品番:ECPB-282-PH)として発売。

12

第77回 When Will I See You Again(1974/全米No.2,全英No.1)/ スリー・ディグリーズ(1963

の ささやき スリー ディグリーズ 天使 の ささやき スリー ディグリーズ 天使

👆 スリー・ディグリーズが1974年に来日した際にレコーディングされた 「天使のささやき」日本語バージョンと 作詞安井かずみ 作曲筒美京平の 「にがい涙」、そして 作詞 松本隆 作曲細野晴臣のこの曲、「 ミッドナイト・トレイン」の この3曲は日本で制作され、アルバム『世界の恋人』の<日本盤>限定で収録されました。 が、昔は年齢不相応な歌詞を歌うシンガーはいくらでもいたし、逆にそのことで売れた曲も多数ある。

14

スリー・ディグリーズの「にがい涙」は昭和歌謡の隠れた名曲

の ささやき スリー ディグリーズ 天使 の ささやき スリー ディグリーズ 天使

🤲 (1974年、ECPB-282-PH)• シングル(日本盤) [ ]• html 曲のエピソード 毎年、5月になると条件反射のよう […]• その人気は本国アメリカにとどまらず、『International』というタイトルのアルバムを出したように、世界各国に飛び火。

17

スリー・ディグリーズの「にがい涙」は昭和歌謡の隠れた名曲

の ささやき スリー ディグリーズ 天使 の ささやき スリー ディグリーズ 天使

🤝 日本限定発売のこの曲は、オリコンで最高15位までいったそうですよ。 アルバムのプロデュースは、あのイタリアの音楽プロデューサー、 ジョルジオ・モロダー。 また、当時、英語圏のアーティストに限らず、日本で人気を博した外国のアーティストが、自身のヒット曲を日本語でレコーディングしてリリースするという事象が度々あった。

10

第77回 When Will I See You Again(1974/全米No.2,全英No.1)/ スリー・ディグリーズ(1963

の ささやき スリー ディグリーズ 天使 の ささやき スリー ディグリーズ 天使

🤲 も参照。 また、最初から彼女たちのために書き下ろされた日本語の楽曲「にがい涙(英題:Nigai Namida)」というものまである。

3

ザ・スリー・ディグリーズ

の ささやき スリー ディグリーズ 天使 の ささやき スリー ディグリーズ 天使

👉 驚くべきことに、この「When Will I See You Again(邦題:天使のささやき)」は、フィラデルフィア・インターナショナルが世に送り出した夥しいヒット曲中、全英チャートを制覇した唯一の曲である。 近作はマーヴィン・ゲイ『ホワッツ・ゴーイン・オン 40周年記念盤』での英文ライナーノーツ翻訳、未発表曲の聞き取りと訳詞及び書き下ろしライナーノーツ。 (1975年、ECPB-307-PH)• Billboard book of no. それを細かく拾い上げてみました。

スリー・ディグリーズの「にがい涙」は昭和歌謡の隠れた名曲

の ささやき スリー ディグリーズ 天使 の ささやき スリー ディグリーズ 天使

❤️ 曲の誕生には様々なエピソードが潜んでいるものです。 78年の アリオラ移籍後は ジョルジオ・モロダーと組むなどしてユーロ・サウンドを浴び、本国以上に彼女たちを支持していたヨーロッパを主たる活動の場としていく。 まかり間違えば神への冒涜にもなりかねないキャッチ・コピーだが、まあ、時代も時代だし、ここは大目に見ておこうと思う。

19

第77回 When Will I See You Again(1974/全米No.2,全英No.1)/ スリー・ディグリーズ(1963

の ささやき スリー ディグリーズ 天使 の ささやき スリー ディグリーズ 天使

🍀 人間、いつまでもいつまでも泣き続けてはいられないものだが、それは理屈であって、理屈では通らないのが恋愛というものかも知れない。 愛はメッセージ(1974年、ECPB-292-PH)• 編集部から ポピュラー・ミュージック史に残る名曲や、特に日本で人気の高い洋楽ナンバーを毎回1曲ずつ採り上げ、時代背景を探る意味でその曲がヒットした年の主な出来事、その曲以外のヒット曲もあわせて紹介します。

19