Question: 例?

故障モードと効果分析(FMEA)は、それらの重大度、予想される頻度、および検出の可能性に基づいて潜在的な欠陥を優先するために使用されるモデルです。 FMEAは設計またはプロセスで実行することができ、設計またはプロセスの堅牢性を改善するためのアクションを促すために使用されます。

FMEAの説明は何ですか?

障害モードと効果分析(FMEA)は体系的で積極的な方法です。 プロセスを識別するためのプロセスを評価するために、そしてそれが失敗する可能性がある場所を識別し、さまざまな失敗の相対的な影響を評価するためのプロセスの相対的な影響を評価するためのプロセスを評価するためのもの。

FMEAとその目的は何ですか?

< z> FMEAの目的は、優先順位の高いものから始めて、失敗を排除または減らすためのアクションを実行することです。 失敗モードと効果分析はまた、継続的な改善で使用するために、失敗のリスクに関する現在の知識と行動を文書化しています。 FMEAは故障を防ぐために設計中に使用されます。

Write us

Find us at the office

Dowler- Fausnaught street no. 85, 71012 Minsk, Belarus

Give us a ring

Gaelan Chayrez
+27 253 598 104
Mon - Fri, 8:00-22:00

Tell us about you