アロー 関数。 アロー関数(=>)で関数を定義する方法(functionを簡略化)

FN1609010

関数 アロー 関数 アロー

❤ 構造体は下記のように宣言します。 つぎのようにオブジェクトのプロパティ start に定めた関数で setTimeout メソッドを呼び出すと、コールバック関数の本体で thisはグローバル空間を参照してしまいます。

4

アロー関数(=>)で関数を定義する方法(functionを簡略化)

関数 アロー 関数 アロー

👏 サンプルコードで確認していきましょう。

アロー関数(=>)で関数を定義する方法(functionを簡略化)

関数 アロー 関数 アロー

🎇 実体の各メンバの代入を一つずつ行うと面倒ですので、一括代入用の関数「init」を記述し使用しています。 その中でも、JavaScriptのES6で導入された アロー関数式で記載されているコードをよく見かけます。

5

【C言語入門】構造体の使い方(struct、ポインタ、アロー演算子)

関数 アロー 関数 アロー

💔 Satoは25歳で、Osakaでnurseをしています このサンプルコードでは、構造体の実体「sato」のアドレス先の値を実体「sato2」のアドレス先に代入しています。

【C言語入門】構造体の使い方(struct、ポインタ、アロー演算子)

関数 アロー 関数 アロー

⚡ 下記のように記述して使用します。 まず前述の宣言の仕方の違いによって、構造体の実体を生成する記述が違ってきます。 Satoは35歳で、Nagoyaでdoctorをしています このサンプルコードではすでに初期化された実体をコピーするための関数「 subst」を使用しています。

19

【C言語入門】構造体の使い方(struct、ポインタ、アロー演算子)

関数 アロー 関数 アロー

👏 サンプルコードで確認していきましょう。 「struct 構造体名」型の場合は、次のように定義します。 構造体の型名 配列名[要素数]; サンプルコードで確認しましょう。

18

【C言語入門】構造体の使い方(struct、ポインタ、アロー演算子)

関数 アロー 関数 アロー

🚀 Satoは35歳で、Nagoyaでdoctorをしています このサンプルコードでは構造体を「struct person1」型と「person2」型で宣言しています。

【C言語入門】構造体の使い方(struct、ポインタ、アロー演算子)

関数 アロー 関数 アロー

🙃 構造体を関数の引数で使用する方法については、こちらのサイトでも解説していますので、ぜひ参考にしてください。 どうも!大阪オフィスの西村祐二です。

7