始祖 ユミル。 【進撃の巨人】120話ネタバレ!ジークを助けた道の少女は始祖ユミルで確定

始祖ユミルが巨人になった理由は大地の悪魔と契約したから?真相はこうだった!

ユミル 始祖 ユミル 始祖

😉 131話の始祖ユミルは、エレンを導く1つの姿ではないかと。 複数の世界線やタイムリープを匂わせつつも、1つ1つの選択に説得力を持たせるにはどうするかと検討した結果、座標と道という概念が用意されているのではないでしょうか。

9

【進撃の巨人】始祖ユミル(ユミル・フリッツ)【全てのユミルの民の始祖】|マンガタリ

ユミル 始祖 ユミル 始祖

⚐ そしてエレンの背後から、謎の少女の姿が。 そして夜が明けた(どこからが始まりだろう)という流れ。

二千年前の君からの意味!進撃の巨人122話ネタバレで始祖ユミルの過去

ユミル 始祖 ユミル 始祖

😆 そして娘が死ねば背骨を孫に食わせ、孫が死ねばその背骨を子から子へ食わせ続けるように言います。 奴隷であることの惨めさをわかってあげることで、ユミルを奴隷から解放したエレン。 脳ミソと脊髄を切断、つまり巨人の弱点がうなじということになります。

始祖ユミルが座標空間(道)で少女の姿のままである理由 進撃の巨人の謎を考察

ユミル 始祖 ユミル 始祖

👈 捕虜システムがあり、マーレ兵(エルディア人でも)だって他国の捕虜になることがザラなのにである。

11

【進撃の巨人】始祖の巨人【すべてのユミルの民を操る最強の巨人】|マンガタリ

ユミル 始祖 ユミル 始祖

😎 そして、この抵抗がエレンの意志でなく始祖ユミルの意志で、だとしたら…始祖ユミルも人類の虐殺を望んでいる…、とアルミンは推測します。 「やっぱりジークは戦鎚(せんつい)の巨人と同じやり方で本体を隠してる・・・」 「じゃあこの骨の山から本体を探せってのか!?」 絶望的な現実をつきつけられ、アルミンたちは叫びます・・・ 進撃の巨人は巨大な骨の塊であり、その骨のどこかにわずか一メートル二十センチという小ささの本体がかくれているのです。

1

【進撃の巨人】122話 始祖ユミルの正体と第一話伏線回収

ユミル 始祖 ユミル 始祖

🙄 娘が死ねば背骨を孫に食わせよ と教えを残します。

5