地方 公務員 法 第 16 条。 地方公務員法第16条(欠格事項)2項の内容について教えて下さい。

「地方公務員法第16条」の内容を教えてください。

16 地方 公務員 法 条 第 16 地方 公務員 法 条 第

👊 独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構法の一部を改正する法律• )を除く。 以下この項において同じ。

地方公務員災害補償法|条文|法令リード

16 地方 公務員 法 条 第 16 地方 公務員 法 条 第

🐝 9 傷病補償年金、障害補償年金又は遺族補償年金 (以下 「年金たる補償」という。 また、国家公務員の給与に関するは、人事委員会を置かない地方公共団体の長の判断に大きな影響を与える。 )、第38条から第40条まで、第41条 (指定障害者支援施設及び指定相談支援事業者の指定に係る部分に限る。

地方公務員法

16 地方 公務員 法 条 第 16 地方 公務員 法 条 第

👐 選考が行われるのは、• (平成二十六年法律第四十二号)• )に係るものを除く。 外部リンク [ ]• 心身の故障のため、職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えない場合• H29. 但し、連合体である職員団体にあつては、すべての構成員が平等に参加する機会を有する構成団体ごとの直接且つ秘密の投票による投票者の過半数で代議員を選挙し、すべての代議員が平等に参加する機会を有する直接且つ秘密の投票によるその全員の過半数 (役員の選挙については、投票者の過半数)によつて決定される旨の手続を定め、且つ、現実に、その手続により決定されることをもつて足りるものとする。

10

地方公務員災害補償法

16 地方 公務員 法 条 第 16 地方 公務員 法 条 第

⚒ )第56条の規定にかかわらず、その取消しの訴えを提起することができる。 また、や水産業協同組合等は、実質的には営利活動を行っているが、それぞれ農業協同組合法、水産業協同組合法等の特別法により非営利法人とされているので、法第38条の営利企業等に当たらないと解されている。

14

地方公務員法

16 地方 公務員 法 条 第 16 地方 公務員 法 条 第

😅 職務給の原則 地方公務員法第24条第1項「職員の給与は、その職務と責任に応じるものでなければならない。 第5項において同じ。 の原則• 地方税法等の一部を改正する法律• 01 施行• 法令・条例等及び上司の命令に従う義務 [ ] 職員は、その職務を遂行するに当って、、、地方公共団体の及び地方公共団体の機関の定める規程に従い、かつ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

地方公務員災害補償法

16 地方 公務員 法 条 第 16 地方 公務員 法 条 第

💙 H28. )が、新法第2条第9項第2号の自治大臣が定める額のうち、当該施行後補償年金に係る同号に規定する年金たる補償を受けるべき職員の基準日における年齢の属する年齢階層に係る額を超える場合には、同項 (新法附則第7条の3第2項において読み替えて適用する場合を含む。

18